【2019年11月】【加ドル/円】のトラリピ設定と運用実績

トラリピFXは、一度設定してしまえば、自動で取引してくれる不労所得製造マシーン。
 
「仕事をしているとき」、「寝ているとき」も月曜日から土曜日の朝まで自分の代わりに勝手に働いてくれます。
 
トラリピは、ロスカットさせないように運用する、「リスク管理の投資」です。余裕を持った資金管理で、複利運用し資産を加速度的に増やしていくことが投資家の目標となります。
 
わたしは、投資元本を少しずつ増やしてトラリピFXを運用しています。
当たり前ですが、元本は多ければ多いほど、より安全な投資ができます。
 
投資元本推移と通貨ペアの運用開始時期

  2019年9月:250万円【加ドル/円】運用開始
2019年10月:290万円【米ドル/円】運用開始
2019年11月:300万円

2019年12月1日現在は、【加ドル/円】、【米ドル/円】の2通貨ペアを運用しています。
 
わたしの、これまでの【加ドル/円】の運用実績です。
2019年11月末(運用期間3ヶ月)
■ 実現損益:+26,924
■ 評価損益:- 6,113
■ 合計損益:+ 20,811
 
実現損益:トラリピFXの売買が発生して得た利益の合計。
評価損益:現在保有しているポジションです。
合計損益:実現損益と評価損益を足したものです。ポジションをすべて決済した時の実際の利益です。

秀hideの「加ドル/円」のトラリピ設定

わたしのトラリピの設定の考え方はシンプルです。広く仕掛ける場合は、ハーフ&ハーフで投資資金の節約を狙います。

ただし、いきなり広い範囲で設定することはしません。少ない資金を有効活用しつつ、ロスカットされない設定が優先です。

【トラリピ設定の考え方】

Step1:過去20年の値幅を確認
Step2: スワップポイントのプラス側を確認(売り、買いどちら?)
Step3: 設定する通貨ペアの自己資金額を決める
Step4: 利益を得つつロスカットされないように設定幅を決める

以上の考え方で設定している秀hideの【加ドル/円】の設定(^^)/

通貨ペア 加ドル/円(CAD/JPY)
ハーフ&ハーフ ×
トレール
仕掛ける本数 71本
取引単位 1000通貨
レンジ 売:未設定
買:78.55〜85.55ドル
トラップ値幅  0.100円
利益幅 700円
では、わたしのトラリピ設定の考を理解できるように、設定した時のやり方で順番に見ていきます。

Step1: 過去20年の値幅を確認

過去20年の【加ドル/円】のチャートです。

過去20年の値幅は、68円~126円の間で価格が推移していて、中央値は(68+126)/2=97円です。

ハーフ&ハーフで設定するには、中央値を97円として、「68円~97円を買い」「97円~126円を売り」としてトラリピ設定すればよさそうです。

Step2: スワップポイントのプラス側を確認

実際に、トラリピ設定する前に、スワップポイントについて確認しておきます。

【加ドル/円】の場合、

売・スワップの金額:-42円
買・スワップの金額:8円

です。(スワップポイントは毎日変動するので注意が必要です。場合によってはプラスとマイナスが逆転することもあります。)

【加ドル/円】の場合、スワップ金利がプラスとなるのは、買いスワップ側です。

現在の【加ドル/円】は、スワップ金利がプラスとなる買い設定側に位置するのでラッキーな状態です。

Step3: 設定する通貨ペアの自己資金額を決める

トラリピで複数通貨ペアを運用すると、それぞれの通貨ペアでポジションを持った時に、どれくらいのリスクをとっているかわからなくなってきます。

だからわたしは通貨ペアごとに、自己資金額を決めています。


わたしの【加ドル/円】の自己資金は100万円です。

これ!!非常に大切っです!!!!!^^)!

Step4: ロスカットされないようにトラリピ設定する

わたしの現在の【加ドル/円】の設定はつぎのようになります。

通貨ペア 加ドル/円(CAD/JPY)
ハーフ&ハーフ ×
トレール
仕掛ける本数 71本
取引単位 1000通貨
レンジ 売:未設定
買:78.55〜85.55ドル
トラップ値幅  0.100円
利益幅 700円

設定を見える化すると、次のチャートで示すとピンク色の帯のところが、トラリピ設定した値幅です。

「仕掛けている幅が狭い」と感じると思いますが、これには理由があります。

【加ドル/円】の自己資金は100万円にしたので、ハーフ&ハーフで過去の値幅全体に設定すると、トラップ値幅を広くせざる負えなくなるので殆ど決済しないことにります。

トラリピFXで間違えるのが、リスクを負いたくないばかりに、トラップ値幅を広くしかけてしまうこと。

冒頭にトラリピは、「リスク管理の投資」と書きましたが、トラリピは「逃げ切りの投資」とも言われ、利益を上げることで、ロスカットラインを広げていきます。

 

秀hideの【加ドル/円】のトラリピ設定

わたしの【加ドル/円】のトラリピ設定です。真似をすれば私と同じ利益が得られます。

【買いトラリピ(78.55円~85.55円)】

わたしは、トラップ値幅を0.1円とすることで、自己資金の範囲内で、利益をできるだけ取りこぼさないように設定しています。

月ごとの決済回数

通貨ペアの値動きによって、月の決済回数が変わるのは当たり前なのですが、【加ドル/円】をトラップ値幅0.1円利益金額700円で設定した時の決済回数を確認します。

2019年9月: 14回(利益318円)
2019年10月: 45回(利益19,570円)
2019年11月: 10回(利益7,036円)
2019年12月:

9月、10月はトラリピを仕掛け直したりして、手動で決済しているので参考程度に見てください(試行錯誤していた時期です)。
11月は【 トラップ値幅0.1円利益金額700円 】で設定して放置した時の決済回数で、決済されたのは10回です。

トラップ値幅を倍の0.2円にすると、単純計算で5回しか約定しないので、利益は、半分の約3,500円になってしまいます。

ある程度トラップ値幅を狭めておかないといけないことがわかります。

どれくらいのリスクで運用している?

わたしは、普段は、スマホでトラリピの管理をしています。決済通知を携帯メールに設定することで、為替市場が大きく動いた時は、バンバン約定メールが来るようにしています。

これはリスク管理するための効果的な手段だと思います。いつの間にかロスカットされていたなんて絶対避けなければなりません。

ですが、これはあくまで、「対応力によるリスク管理」で、リスク管理はトラリピの設定で行うのが正しいです。

ではわたしの【加ドル/円】の設定で、どれくらいのリスクで運用できているか確認します。

12月1日時点の、私の携帯画面です。

左画像がスマホアプリのTOP画面、右画像が口座情報画面です。普段はこの画面ぐらいしか見ません。見る頻度は、決済通知がメールで着た時ぐらいです。

その時にチェックしていることは「証拠金維持率」です。

目安でしかないですが、長期運用では証拠金維持率は1,000%ほどで運用しておけば、安全といわれることがありますが、私の現在の証拠金維持率は3,749%で運用しています。

過去最大にポジションを持ったときも、2,576%ほどでしたので、相当安全な運用ができています。

そもそも【加ドル/円】のロスカットラインは71円付近ですので、ここまで一直線に下落する確率は非常に低いです。

この設定のメリットとデメリット

トラリピは、どんな設定をしても、メリットとデメリットが必ずあります。

わたしの【加ドル/円】のトラリピ設定のメリットは、資金100万円でほぼロスカットされないであろう設定になっていることです(未来はわからないので絶対ではありません)。

仕掛けた幅は78.55~85.55円、0.1円刻みで71本仕掛けました。ロスカットラインは71円。利益幅は700円です。スワップポイントもプラス側に設定しているので、ストレスフリーで運用できます。

この設定のデメリットは、仕掛けた幅が過去20年の値動きに対して狭いことです。

上に抜けた時は、ポジションがすべて決済されているので、仕掛け直せばいいですが、下に抜けた時は、ポジションを抱えたまま、利益がでない期間となります。

その時のデメリットを打ち消すために、わたしは、資金を追加するか、ポジションを持っていない設定だけを仕掛け直して対応します。

自分の設定のデメリットを理解して、対応策を考えておけば問題はありません。

給与収入以外に収入があると、リストラの不安が小さくなったり、自分が人生っでやりたいことに必要な資金を貯めるペースが速まります。

トラリピFXを始めるには

トラリピFXを始めるには、マネースクエアで口座開設する必要があります。

口座開設手数料、口座維持手数料は完全無料!!

口座開設手数料、口座維持手数料は無料で、口座開設には全くリスクはありません。通常1週間ぐらいで口座開設を完了できます。